ドローン・AIを用いた太陽光発電所の点検 – 株式会社日本ランテック

株式会社日本ランテック。法面工事、護岸工事、河床安定のこと、ご相談ください

ドローン・AIを用いた太陽光発電所の点検

~ドローンで撮影した映像をAI 技術で画像解析~

ドローンで撮影した発電所内1枚毎のパネルの映像を、コマ割り画像に変換し、AI(人工知能)技術を利用した独自のシステムで解析します。
汚れや傷があるパネルの場所をピンポイントで表示します。
撮影した動画と画像はシステム内でいつでも確認が出来るので、2回目以降の撮影ではパネルの経年変化を確認することができます。

~故障予測などの事前対策が出来る~

映像を解析して汚れや傷を検出するだけでなく、パワコンやストリングなどでソーラーパネルに関するデータを取得している場合は、その値の傾向値を AI(人工知能)技術が分析し、本システムの報告書データと照らし合わせることにより、故障予測など事前に予防対策をすることができます。

【セル交点検知画像】
セル交点検知画像

現地空撮した動画を、AI解析システムにアップロードします。
映像認識技術」と「独自のAI技術」を組み合わせて、パネル1枚1枚を確実に認識します。

【AI による画像解析】
画像1(大きな汚れ) 画像2(小さな汚れ)

現地空撮したパネルデータ(枚数分)の現場画像を、AIにより自動解析します。
画像1のような大きな汚れだけでなく、画像2のような従来の点検では見落としがちであった小さな汚れまで確認し、今後故障が起こる可能性のあるパネルをAIが判別します。

本システムの特長・要望

●「えーぞー」の特長
  • 従来のドローン点検では発見出来なかった小さな傷・汚れ等を事前確認できます(解析技術にAI使用
  • 目視点検での見落としリスク低減、精度の高い点検結果が期待できます(点検品質の均一化
  • 屋根上や水上など作業しにくい場所でも時間をかけずに点検ができます(点検時間の短縮
  • 発電設備の現状が把握できる予知予防システムです。

●「えーぞー」を導入して頂いているお客様の声(要望)
  • 赤外線カメラでの画像解析をして欲しい
  • 点検結果をもとに電圧測定やパネルの点検をしてもらいたい
  • O&M(Operation & Maintenance)もあわせてお願いしたい

「えーぞー」α導入メリット

(クリック/タップで画像を拡大します)

「えーぞー」α導入メリット

ワンストップO&M

  • 「えーぞー」α =設備「画像AI」+「赤外線」診断による設備点検
    (設備予知予防と現状把握ストリング点検のご依頼も承ります)
  • 太陽光発電設備収益改善の提案(設備稼働状況確認及び施設巡回での提案)
  • 設備維持管理(草刈業務含む・主任技術者委託等)
  • 定期点検(年次法定点検、巡視、遠隔監視、毎月の報告書作成)
  • 新電力による設備受給電力料金削減及びFIT電力買取
  • 設備内環境付加価値の創成

*設備図面及び設備収支表(計画時)のご提供をお願いします。
*遠隔監視システム導入中の場合、ID 及び URL のご提供をお願いします。

報告書フォーム(画像診断)

  1. 画像をAIにより解析し、結果をデータ形式で納品いたします。

    撮影列ごとに汚れ検知数、傷・汚れを検知した箇所に赤枠をつけた画像、映像データ再生等の情報が確認できます。 ドローン映像一覧

  2. AI が異常を検知した箇所が赤枠で表示されます。

    拡大図と俯瞰図で確認できます。 汚れパネル一覧 パノラマ画像

報告書フォーム(赤外線診断)

  1. 不具合の可能性があるアレイ数をエリア毎に記録します 不具合アレイ数記録
  2. 不具合の可能性があるアレイ数をエリア毎に赤枠でマーキングします アレイ数マーキング
  3. マーキングしたアレイに番号を振って、撮影実 画像のスクリーンショットを添付します ホットスポット詳細

販売価格

「えーぞー」α
画像AI 診断+赤外線診断:2MW 20万円~

現場作業費・交通費・報告書作成費・ドローン器材費等全て含みます。

ストリング測定
2MW 20万円~

O&M ご依頼の場合は別途見積りとさせて頂きます。

~継続撮影プラン~

設備診断は 3年に一回をお勧めしております。
次回診断時は初回費用から-10%とさせて頂きます。

お問合せから報告まで

(クリック/タップで画像を拡大します)

お問合せ~報告までの流れ
  • 日本ランテックについて
  • 法面保護・法面緑化
  • 河川護岸・植生護岸
  • 施工例
  • 関連動画