株式会社日本ランテック。法面工事、護岸工事、河床安定のこと、ご相談ください

 

近年、人工的な構造物をできるだけ使用しない、より自然な河川環境を作る「多自然型河川工法」が主流となってきています。
その中でも植生護岸工法は植物の根の成長により、高い耐久性と多様な自然性を持つ工法として注目されています。
ECO FIBRESは水辺の生態系の復元を促すココナッツ繊維素材を使用した植生護岸システムです。このシステムを導入することにより、河川や湖沼に豊かで多様な自然が蘇り、植物をはじめ、水鳥、昆虫など水辺の生態系(ビオトープ)が復元されます。
ヨーロッパが発祥の地である水辺のビオトープ作りは、今日では日本でも積極的に取り入れられています。
ECO FIBRESの提案するエコシステムは21世紀の水辺環境を創造し、豊かな自然を次世代に伝える役目を果たしていきます。

 

 

 

エコブランケット(ココナッツ浸食防止マット)
製品写真 ◆ 特性

ココナッツ浸食防止マットは雨水による浸食を防止しながら、植物の成長を助ける植生養生マットです。紫外線で自然分解するポリプロピレンネットを使用したECBタイプと完全に自然分解するジュートネットを使用したECBJタイプがあります。


エコマット、エコマットG(ココナッツ植生マット)
製品写真 ◆ 特性

ココナッツ長繊維と紫外線で分解するポリプロピレンネットを使用した厚みのある植生養生マットです。

植生基盤材として使用できるエコマットとココナッツジオテキスタイルで補強したエコマットGがあります。

また、エコマットGはココナッツ繊維ネットを付加し、高強度タイプとなっています。


エコネット(ココナッツ植生ネット)(ココナッツジオテキスタイル)
製品写真 ◆ 特性

ココナッツ植生ネットは植生の定着・回復までに長期間植生基盤の安定を必要とする緑化工法に適しています。

また生態系を重視した工法として現地の表土を安定させ、土中に残った種子や根、または飛来する種子で植生の回復を図ることができます。

ココナッツネットは耐紫外線性なので、長期間にわたり安定性を保ちます。


エコロール(ココナッツ植生ロール)
製品写真 ◆ 特性

ココナッツの長繊維100%でできた円筒形の植生基盤資材です。

主に水際に敷設することにより、水の流れや波浪による浸食を防止し、水辺植物による緑化を可能とします。

化学繊維等を使用していないので、水辺植物が定着し、植生護岸が完成するころには腐食して自然に分解します。

水辺植物の植付については、成長時の草丈1.5m以上のものを使用します。